超楽しい地獄。

君色に染まるまで、わがままに。

君のこと

私がこわいんじゃなくて、君がちょっと甘すぎるだけ

 

いつか絶対、君のことを、殴ってやろうと思いながら今日も夢を見た。いつかも絶対もないことを君が諭す

 

そんな君のこと、私は、好きになりたかった

 

静かな場所で静かにできないやつも、2人以上で集まりだしたら喋るの止まらないやつも、スマホ見ながら歩くあいつも

みんな、ゆるしてしまう君を、好きになりたかった

 

私は、永遠に君を憎みながら、感情を殺しながら、拳を握って、血を流す

 

大好き

 

その言葉が、そんなにかんたんじゃないことを知っている

知識としての、大好きと感情としての大好きが私を苦しめて、君を憎む

 

やっぱり今日も君を好きになりたかった

大好きと言いたかった

感情に流されて、いつか君に触れるとき、私は君を好きになれるかもしれない

君に大好きと言えるはず

 

いつだって、苦しめるのは君で、勝手に苦しくなるのは私だ