超楽しい地獄。

君色に染まるまで、わがままに。

香水とデリカシー

 「男ウケしそうな香り…」

 これはどの男を指してるの?全男?奴は含まれる?

そういえばこの間、全人類モテの香りとかいうのをつけていったら「うわ、くっさ」とあいつに言われてしまった。

 

『もしかしてあいつは人類でもない…?』 

 

そう思いつつ、男ウケを謳う香水を手に取り、レジへと進む。

 

 

今度こそと思いつつ、この間手にした男ウケ香水を身につける。これでダメなら奴は、人でも男でもない。

 

 

「なあ、お前今日風呂入ってきた?」

 

 

それは、褒めてる?褒めてないな?

「それ臭いってこと?本当にデリカシーがないね。」

今のといい、「うわ、くっさ」といい、デリカシーがなさすぎる。「いい匂いだね」とかなんかこう女子っぽい言葉をかけられたいだけなのに。

 

 

「いや、違う!あの、この間の匂いより好き、だなって…恥ずかしい、やめやめ。この話はなし!」

 

 

 

ん?今、なんて言った?この間の匂いより好き?これは、これは私の求めてた答えじゃないの?8割位求めてた答えだよ!やった、これで友達から一歩進展した気がする。気だけ。多分、

 

 

「あと、あの、あれだ。そんな匂いさせなくても、お前は充分、いい、と思う。」

 

 

…………ん?まって!?これは、これは脈ありということだろうか、そう思っていいかな。

 

 

「えっと、まあ、そういうことだから。講義始まるし、またな。」

 

 

 神様、これは期待してもいいですか?

この講義が終わったら、今度の休みにデートの約束を取り付けよう。