超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

誰も知らない詩

次が見つかるといいね。

次なんてないよ、次なんていらないよ。

わたしのこと私以外には関係ないから、適当に、興味なくて、何も知らなくていい。

誰にも迷惑はかけられないから、崩れたなにかを集めて無理やり形にして、ハートに押し込める。

人が死んだよって、冬。いつだってわたしを置いていくのは、冬。

あの日も雪が降ってたね、もうそんな話は聞きたくない。

バタースコッチパンのかけら落としていつだって消えていく。

大切なもの私は何一つ守れない。大切なものは手から全部こぼれていく。

テキトー並べた言葉より、この先の話を歌ってよ。

誰が受け入れるなんていった、わたしは受け入れるなんて言ってない。

誰かに届いてほしい言葉は、きっと誰にも届かない。