超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

キミとトーキョー

東京の片隅で腐っていく君に、早く会いたい。

 

ネオンに呑み込まれちゃったんだね。何も言わないのは狡いけど。でも、それでいい。

他人からの言葉も、伝聞もいらない。

君がそこにいるだけで充分だから。

 

だけど、

「どこにいるの?」

「どこにもいかないで。」

今は君を縛り付ける言葉しか出てこない。

 

 

悪夢は醒めなくて、毎日毎日死を見つめながら喧騒に身を潜める。

悪意に満ちたスマートフォンを握りしめて、ゆらゆらと漂うだけ。

 

毎日を大切に生きようとする君に、背を向けるように日々をゴミ箱に捨てていく。

どうやって生きていたっけ、どうやって息をしていたっけ。

 

 君と出会った日のこと、君と過ごした日のこと、どこにいても、どこに行っても、思い出が転がっている。思い出を踏みしめて、踏み躙った。

あの大画面、3面。君が憧れたPVじゃない、君がいたはずのPV。受け入れられなかった、受け入れるしかなかった、思い出してしまった。

 

もうどこにもいけない。

さよなら、トーキョー。

君のいた場所をまた明日も歩いていく。