超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメ+αの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

特徴がない

「これと言った特徴がないね。」

 

 

 

面接の時に適性検査の結果表をもらった。

その時に言われた言葉だ。

 

 

返されたときは「あはは、本当ですね」と答えたが私はごくごく普通なのだと感じた。

                                 

                                標準的。

 

どんなに頑張っても普通。

確かに言われてみればそうかもしれない。

 

特別これが得意なこともない。

 

人より優れているところもない。

 

スタイルも良くない。

 

顔も普通より良くない。

 

平均より少し勉強が出来ない、

 

平均より少し決まったもの以外の運動が苦手。

 

どちらかと言えば劣っていることの方が多い。

 

 

突出した特徴は確かに思いつかない。

適性検査はすごく当たっていた。

 

 

「ただちょっとだけ楽観的って出てるけど、そう思う?」

 

そう思う。

大体やったら普通くらいには出来ていたから、

「多分なんとかなるし、絶対なんとかするからやっちゃお」

という感じで生きていた。

 

あまりにも平均的だからこそ売り込む要素がない。

資格をそこそことっているのもマニアな訳じゃないし、頑張ってきたことなんてみんなみたいなすごいことはない。

 

私もうどうにもならないかもしれない。

毎日生きることの難しさを感じる。

 

 

 

普通じゃなくなりたかったな。