超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメ+αの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

私は女の子。

タピオカミルクティーに、

悩みとか不安とか沈めた。

 

黒いタピオカは、

全部全部私の渦巻く嫌な気持ちだ。

 

正しさも不純も、

喜怒哀楽も、

全てが混ざってる。

 

私、私だから、私に足りないものばかり。

だから、あの駅で降りてしまう。

初めてなんかじゃない、

あの日のこと忘れてないよ。

 

最近はうつむきながら歩くことばかり。

もしあなたとすれ違っても、

顔わかんないね。

私もあなたも、黒髪、スーツ、地味なピンクは嫌いでしょ。

だから、わからなくていい。

 

春が来たら、私もう少しマシになってるはずだから、その時にあなたに会いたい。

 

私多分、普通の大人になっちゃうよ。

私思ってる以上に、普通なの。

 

私、女の子でいたかった。

私、普通の女の子になりたかった。

でも、振り返れば普通の女の子だった。

私、女の子だった。

 

私、普通になっちゃうから。

私、女の子じゃなくなっちゃうから。

 

その前に会いたい。

その前にもう一度。

その前に夢見せて。