超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

夜にあそぼう。

お月さまを滑り台にして、

お星さまにぶら下がる。

 

夜は僕らの遊び場だ。

 

真っ暗な世界で、

正解は君がそこにいること。

 

手なんか繋がなくていい。

僕の前をただ走っていて。

 

たまに鼻唄を歌ってくれてもいい。

君の声が目印になる。

 

お月さまも星も、

隠れてしまうこの街。

 

ピンクやブルーのライトが、

代わりだ。

 

遊び方も違うけれど、

教わらなくても出来るだろう。

 

君がいれば大丈夫。

君が歌えば大丈夫。

 

夜は遊び場。

この夜もいつか、思い出になる。