超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメ+αの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

世界

ライブ会場にひとりでいると、世界に置いてかれている。

 

感傷的になりたいんじゃない。

楽しくなりたかった。

 

決して、一人が好きだったわけじゃない。

でも、気づいていないだけで一人が好きだったんだ。

 

言葉は身体だ。

言葉が私を作る。私になる。

なにも言えなかった。

名前を呼べなかったのは、私だからだ。

 

どうしようもなくて、

置いていかれた世界で泣いた。

もう言葉にもならなかった。

 

不安も虚無もいつになったら消えるのだろう。

いつ、また私は世界と同じ速さで歩いていけるのだろう。