超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

愛しい時間。

もう夏だ。

 

 

暖かい日差し。

というより、最早暑すぎる太陽の光を浴びながら私はベンチに腰を掛けている。

 

耳元からはSebastianXの世界の果てまで連れてって!

スマホ越しの目線の先には、病院の建物と日の光を浴びて輝くみどりたち。

縦横無尽に元気に飛び回るすずめ。

 

 

私は、今病院にいる。

母の付き添いで定期的に病院に行くことがある。

それが今日だ。

 

母を待つときは大体売店のコーヒーを飲みながら外でこうして何かを書くか、本を読んでいる。

 

 

この時間がとても好きだ。

誰にも邪魔されないから。

ひとりで、無駄なことを考えたり、なにも考えなかったり、そんな時間が、大切なのだ。

 

 

最近はずっと未来について考える。

人生とか、これからとかを、考える。

最悪、就職できなくても卒業はしよう、とか。

書くことを仕事にしたいと言っても、現時点ではバズらないと仕事もらえないよな、とか。

自由になりたいな、とか。

 

 

 

自然は苦手だけれど芝生は好きだし、太陽も嫌いじゃない。

だから、この時間が愛しい。

 

年齢だけ大人になっても、心はまだまだ幼い私が、いつか完全に大人になったときも、こうやって、微睡んで過ごせていたらいいのにと思う。