超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

ひとりで君は夜は越える

「大嫌い、大嫌いだよ。」

 

絞り出すように出た言葉。

泣きそうになりながら、君は、君はそうやって言葉を吐いて夜を越えてきたんだね。

 

ひとりで越えた夜は今日で何日目?

今日もまた苦しんで、越えたくない夜を明かすんだろう。

屋上で、ぺたりと座り込んで、朝が来るまで吐くんだ。

 

「本当は嫌いなんかじゃないくせに。」

そう言ったら君はきっと苦しそうに悪態をつく。

「うるさい馬鹿。好きな人も、あいつも、好きな人を好きなあいつも、みんなみんな大嫌いだ」  

そう、こんな風に。 

 

君は、その人のことすごく好きだったんだね、すごく。

僕はこうして君のかなしみを聞くことしかできないんだ。君を救えない。

ごめんね、だって僕は君の好きな人ではないから。

 

ひとりの夜を今日も明日も絶対に越えて、君はいつかしあわせになるんだよ。

僕はそのとき、君の近くにはいないかもしれないけれど、願ってるよ。

君がひとりの夜に、君は気づいていないけど僕は君と一緒にいるから。

 

ほら、もう少しで夜がまた明けるよ。