超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメ+αの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

私というコンテンツ

 コスメより、現場のことより、詩に似たものや、近況報告の方が皆様に読まれていることに気づきました。

 

 

 

 

何事も読まれないと始まらないので、どんな記事でも読んでくださることが嬉しいです。ありがとうございます。

前回のブログにコメントをくださった方もありがとうございます。生きていますよ。

 

 

 

 

これは個人のブログですし、影響力もないですから、何を書いてもいいなとは思っています。

ですが、何を書いたらいいんだろうという思いもあります。

すごく思い上がりのようで、書いている自分自身が恥ずかしいです。 

 

 

 

 

まるで、私がコンテンツのようですね。

以前、"○○というコンテンツとして見てください"と何度かツイートしたことがあります。

それはそうしないと本当に苦しくてやっていけなかったからでした。

今は、もう何もないですから、自分をコンテンツにすることすらできないくらい何もないのです。以前よりも空っぽなのです。

 

 

 

 

死にきれず生きることしかできない私は、こうして非生産的な文を書くことしかできないのです。

疎まれることもなく、様々な人に愛されることもなく、皆が振り替える容姿や才能もない。大多数の人間です。

陰気で、暗く、人を羨むことしか出来ず、自分を下げ、認めることも出来ません。

 

 

 

 

だから、私がコンテンツなんておこがましいのです。

私は鬱屈とした、ゴミ屑のような人間だから。

 

 

許してください。

怒らないで。

許してください。