超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメ+αの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

さようなら、夜よ。

泣かないことが強いと思っていた。

私は、まだ子どもだったのだろうか。

 

 

 

 

悲しかったことに私は無視を決め込むことにした。

0時を過ぎるまで何も言わないことにした。

努めて普段通りに過ごした。

それでも喪服しか着るものがなかった。

 

 

 

 

誰よりも、誰よりも、好きじゃないふりをした。

 

無視をした。

 

嫌いだと言った。

 

泣くことをやめた。

 

泣かないことが、その日に何も言わないことが他者への意思表明だと信じた。

 

その選択が正しいかどうかはわからない。

 

正しいことなど何もない。

 

ここは自由だから。

 

私の強さは、それを捨てようと誓えるほどになった。

 

 

 

さようなら、絶望。

もう、泣いていいよ。