超楽しい地獄。

君色に染まるまで、わがままに。

姿。

久しぶりに彼の姿を見た。

 

髪が伸びていたり、

ちょっとやっぱり痩せていたり、

例のブランドの服を着ていたり、

クロスのネックレスをしていたり、

かっこいいままで胸が高鳴った。

 

通ってる大学の近所の大学の男の子もこんな感じだったし、もしかしたら全然歳相応なのかなって思ったり。

 

虚無を抱えた表情も素敵だね。

昨日夜、世界の果てまで連れてって!を聴いていた時に、間違ってても君が1番なのはやっぱり変わらないし、またどこかで姿が見たいな、声が聞きたいなと思った。

 

だから、すごく嬉しかった。

なんとなく名前だしちゃいけないのかなって思うところがすごくあるけど、でも好きだから見つけるよ。

 

社会人になれるかなって言葉がずっと引っ掛かってる。

でも、君がしあわせになれる世界に続いてるならなんだってもう構わない。

 

君発信じゃなくてもいいから、いつかまた君の姿を見せてね。

 

 

 

 

僕と死

僕は死ぬ、

仮想的に死んでいく。

 

君がいなくなった日、

君がいる日、

君と過ごした日々、

すべてが色褪せないように。

 

すべてが事実だった、

あった、

いた、

君がいたから、

だから、

君を愛したことなかったことにしたくないから、

僕は死ぬ。

 

 

なりたかった。

手癖で書けてたものが書けない。

心がすり減ると、なにも思い付かない。

 

電車、おっさん、私が悪い。

クソ広いテリトリー、嫌味、スーツ。

何もない、本当になりたかったもの、嘘ついた。

知らない、泣いた、私ってなに。 

 

渋谷、ヴィレバン、B2F、かわいい女の子。

溺れる、ピンク、水色、黄色、紫。

なりたかったあの子。

なりたかったあの色。

なりたかった。

なれなかったあの子。

なれなかったあの色。

 

憧れてたあの場所。

近くで見たら、私も上がりたくなった。

見てよ、かわいいでしょ。

見てよ、好きでしょ。

見つけてよ、私を。

 

 

 

 

 

 

属すのに向いてないと言われた。

誰かの模倣で受け売りみたいな生き方をしたくなかった、本当は。

 

同じ型に嵌められて、ぎゅってプレスされて、同じ格好・髪型・発言になるように仕込まれることが、ずっととても息苦しい。

20歳過ぎたらマジで価値ない輝けないみたいな年齢制限も、キツイ。

ある人と話していたら「大学卒業してから働いてお金貯めて24歳、始めるのが遅くなればなるほど難しい。早く始めないと」と言われた。20歳過ぎて始めたいこと、やりたいこと見つかっちゃったら遅いの?

 

こんなこと書いてるのもあの人みたいで、すごい嫌だ。ダサい。格好悪い。

 

大きくなるにつれて喋ることより、書くことのほうが好きになっていく。喋るのって、大変。上手く伝わらない。自由に話せない。色んなシガラミとか愛想で言葉が出ない。

書くのは自由だった。これしたい!あれになりたい!私はこう思うの、みんなは?それって多分、壁打ちだから。楽なんだ。見てもらえなくて、発信してるつもりになれる。

 

今こうやってダラダラ書いてるのもダサいね。

 

「そもそも会社に所属するの向いてないよね」って言われたこともある。

え、じゃあどうやって生きるために稼げばいいの?企業もフリーランスもできるほど私には何もない。

 

難しいな、生きるって。

難しい。

 

 

 

閑話休題、就活の話。

ブログの本題から外れますが、就活の話をします。

別に内定出ました!オタク活動と就活、こんな両立してました!という話ではないです。そもそもまだ内定も出てない。ただの一学生のつまらない話だと思ってください。

 

私は去年の夏くらいからゆるゆるとワンデーインターンにいくつか行ったり、ゆるゆると学内のSPI講習に通ったり、ゆるゆると就活を始めていました。インターンも意識が高いとかではなく、これは違うな、これは興味がありそうを知るためとかバイトしてたから内部はどんな感じか知りたかっただけ。

冬のインターンは行かず、就活始まる前に遊べなくなるからちょっと遊ぼうと思ってあんまり遊べなかったな。推しのことで泣いてばっかりいた。でもゆっくりはしてました。

冬休みに一社インターン採用枠で面接とロープレを受けた美容職は落ちました。あとから内定貰った人を見たら心底美人で『ここは顔採用か』と思いました。つーか内定もらってるのにまだ受けんのか…と思った。

 

就活解禁して、一応合説も行って、興味のある業界は採用がめちゃくちゃ早くて落ちまくりました。ESや履歴書は通るのにね。好きな教授が「考えてるなら書け!」って言う人だから、書いた。

 

3月末ですね、たしか。ついこの間、体調がすこぶる悪くて病院に行きました。採血されてレントゲン(?)を撮られました。胃が炎症を起こしてるかもしれないとかなんか色々言われたけど覚えてません。来週はエコー検査に行きます。採血の結果もその日にわかるらしいです。

 

説明会、面接、グルディス…

 

昨日受けたところは今日祈られました、早いね。あと面接官が名乗らない会社もあった、落ちたけど。『お、お前誰だ…?』思いながら面接受けてた。聞く態度もなんかちゃんと聞いてるのかよみたいな態度だったのおぼえてる。あと、電話で不合格言われたところもある。あまりにもムカついて「ありがとうございまーす!↑↑↑↑」って元気にお礼言ってそのまま切った。その後泣いた。

もう内定出てる人もいたりして、ちらりと見たツイートで「え?まだ内定出てないの?君はゆっくりなんだね」みたいなこと面接官に言われた人もいるらしい。ゆっくり、なのかな。私は会社を選り好みしてるのかな。でも、決めるのはあっちだしな。会社が選り好みしてるんじゃないのかな。でも、会社のせいにしちゃいけないね。私の気持ち届かなかっただけだもんね。

明日も説明会、明後日も説明会。休めば逃げてるとか負けてるって言われる。会社探すのも疲れた。やってない。

もうTwitterで呟くしか吐き出すところがなかった。本当はTwitterでも言いたくない。みんなつらいし、ちゃんと学校行ったり働いたりしてるから、あんまりもう嫌だ死んじゃいたいってツイートするのは良くない駄目って思ってる。それに多分、みんな就活しんどいと思うし、私だけじゃないもんね。そうだよね、私だけじゃない。ブログも別にこんなこと書くために始めたわけじゃない。

 

何もなくても涙が出てくる。胃酸逆流とか人生で初めてだし、それが何度もある。ゆっくりやればいいよとか、卒業してもプータローでもいいか〜くらいでやりなよって言われたこともある。でも、それができない。親というか母の圧がある。

 

やりたいことはたくさんあった。文を書いたり、短歌を読んだり、絵を描いたり、化粧をしたり集めたり、歌を歌ったり、色々あった。人生で一度でいいからアイドルになりたかった。ステージの上からペンライトの海を見たかった。私を思って光らせてくれるペンライトに微笑みたかった。歌って踊りたかった。ただそれだけだった。

 

でも、アイドルになるのは年齢制限とか容姿とか色々あって難しい。だから、働いてお金をためて専門学校とか大学院に通うのもいいなと思っていた。けど、働くのも難しい。就活で死んじゃう人の気持ちがわかった。女子大生が一人死んだくらいじゃクソみたいなシステムで動いてる社会のクソみたいなシステムの就活なんて変わらない。そんなことわかってるのに、頭では。

 

リプや質問箱で励ましてくれる人たちへ

みなさん、ありがとうございます。こんな感じに生きていても声をかけてくれる優しい人っていっぱいいるんだなって思えます。

 

この間、筆記テスト前にホームに靴を落とした時に優しくしてくれた駅の係員さんたちへ

ちゃんと筆記テスト間にあいました。あの時は少し気が動転していたけど、なんとかなりました。

 

TLのみなさんへ

最近はコスメより、推しのことよりネガティブなことばかりツイートしてごめんなさい。極力控えます。多分めちゃくちゃなのでリムブロとかしてもらって大丈夫です。今までありがとう。

 

友人たちへ

多分このブログ見てないと思うけど、いつもありがとう。みんなも大変だと思うけどみんなはちゃんと真っ当な大学生だから大丈夫だよ。うまくいくよ。

 

両親へ

絶対にこのブログを見てないのはわかっています。今までありがとう。ダメな娘でごめんね。たくさん迷惑かけてきたね。また迷惑かけちゃうかも。ごめんなさい。

 

 

遺書みたいになっちゃった。

今働いてる人も、夢を追いかけてる人も、就活してる人もみんなすごいって思います。すごい。

こんなに大変なことをちゃんとして、毎日働いていてすごい。

なりたいものや憧れを追いかけて毎日懸命に努力を重ねてる人もすごい。

夢とか働く理由とかわからない人もいるだろうけど、それでも就活しようとしていてすごい。

夢とか働く理由がちゃんとあって、それに向かって就活できてる人もすごい。

みんなすごい。みんな偉い。毎日お疲れ様です。明日もみんなすごいし、偉い。

 

私はそうなれないから、みんなみたいになれないからみんなのことすごいって思う。もう疲れちゃった。

 

ここまで読んでくれた方、ありがとうございます。こんなこと書いてごめんなさい。長くなってごめんなさい。みんながしあわせでありますように。

 

 

キミとトーキョー

東京の片隅で腐っていく君に、早く会いたい。

 

ネオンに呑み込まれちゃったんだね。何も言わないのは狡いけど。でも、それでいい。

他人からの言葉も、伝聞もいらない。

君がそこにいるだけで充分だから。

 

だけど、

「どこにいるの?」

「どこにもいかないで。」

今は君を縛り付ける言葉しか出てこない。

 

 

悪夢は醒めなくて、毎日毎日死を見つめながら喧騒に身を潜める。

悪意に満ちたスマートフォンを握りしめて、ゆらゆらと漂うだけ。

 

毎日を大切に生きようとする君に、背を向けるように日々をゴミ箱に捨てていく。

どうやって生きていたっけ、どうやって息をしていたっけ。

 

 君と出会った日のこと、君と過ごした日のこと、どこにいても、どこに行っても、思い出が転がっている。思い出を踏みしめて、踏み躙った。

あの大画面、3面。君が憧れたPVじゃない、君がいたはずのPV。受け入れられなかった、受け入れるしかなかった、思い出してしまった。

 

もうどこにもいけない。

さよなら、トーキョー。

君のいた場所をまた明日も歩いていく。

 

 

知らない男の子にかわいくないって言われた話

見ず知らずの男の子3人組に「かわいくない」と言われた。

まあ正確には3人組の一人なんですけど…

 

 

 

私の人権どこ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜!?!?!?!?!?!?!?!?

 

 

 

精神的にも肉体的にも参ってる時に!追い打ちを!かけるな!

 

ことの経緯を話すと、私は駅で電車が来るのを待っていました。するとめっちゃ声の大きい男の子3人組がホームにやってきた。静かな駅だし、ホームの端の方だから私しか待ってなかった。めっちゃ声響く。

「次3分後なんですか〜!?遅〜〜〜〜!!(大声)」って言いながら私の真横を通り過ぎる男の子A

『声が大きいな〜!?3分くらいすぐやろ!』と思っていたときに事件は起きる。

「あの子、かわいくなかった!」

あんまりにも声大きくてぱっと男の子Aを見たら、指さされてた。見間違いかと思った。あまりにも疲れてるし幻覚かとも思った。でも、周りに誰もいない。私しかそこに人はいない。

 

え…………私…………私か…………?今かわいくないって言ったの私にか…………?私にだな…………!?!?!?

自意識過剰かもしれないんですけど、指、指さされましたやん……………

 

本日の服装:ストライプのダブルシャツ、ハイウエストのワイドパンツにパンプスで、カラコン装着だけど化粧ハゲハゲ風に煽られ髪ボサボサでした。

 まあわかる。化粧ハゲハゲの時点でな、もとの顔も良くないしつって…

 

いや、わかりたくねぇな!!!!!!!!!

 

普段なら「なんだてめぇ!」って言ってしまうんですけど、今あまりにも心が死んでるからさ…………何も言えなかった………………

 

もうね、ほんっっっっっっっっっっっっっっっとに命がなくなるほど譲歩してだよ?それくらい譲歩して人のことかわいくないって言うなら小声でなおかつ指をささないでほしい。まあ、こんなこと言われて死んでも死にきれないよね。

ていうか、普通に、常識的に考えて言うな!!!!!!!!!!!!

 

そして、自分の顔を棚に上げるな。

お前の顔面は吉沢亮氏か??????

そんなの吉沢亮氏でも許さないわ……………

誰の顔でも許さないよ、ほんと…………………

 

 

 

 

まあね、取り敢えず今日の被害者(?)が私でよかった。世の女の子や女性は(※私を除く)はみんな素敵なのでこんな男の子に傷つけられなくて良かった。

 

 

 

私も言動には気をつけないといけないなってちょっと反省しました。じゃあね!