超楽しい地獄。

君色に染まるまで、わがままに。

ドルオタ、初合コンに行く。

 9月末、人生で初めて合コンに行った。

飲み会と称されたものに参加したら結果合コンみたいになったことはあるが、合コンと銘打ってものに参加するのは初めてだった。

 

 

もう日程は決まっていて、人数合わせという形で誘われた。

 

 

はずだった………………………………

 

 

人数合わせで、もう場所も決まっているなら、あと現場の為に色々セーブしてきたからお酒も飲みたかったし断らなかった。

 

 

LINEグループに入れられた後、

男A『じゃあ日程を決めましょうか!』

私「は?予定決まってるんじゃないの?」

そう思ったが打つのをやめて、とりあえず寝た。

 

渋々日程を連絡した数日後、

 男A『みなさん都合が良さそうなので30日はどうでしょうか?七咲さん絶対に来られませんか?』

 

うん、絶対に行けない。

ダメだって言ったよ??????

ひとり都合が合わないのに、みなさん都合がいいでくくるな!?!?!!!!

 

だって、本当にその日は行けない日だった。

 

私には大事な予定があった。

超特急のイベント超フェスがある。しかも、私立恵比寿中学との対バン。そう、豊洲PITで伝説を見届けないといけない日。

というかまあまあ前から必死にチケット探して、やっと行けることになったエビ特急だから本当に無理…合コンに行く前からもうこの人たちとは合わないと思った。

 

 

だから、合コン自体を断ることにした。

 

 

私『8/28〜30ライブに行くから本当にだめなんだよね。前々からチケット取ってて楽しみにしてたから💦』

友人A『そうなんだ、ごめんね!樂しんできてね!』

私『それでさ、私みんなと予定合なさそうだから合コン自体行かなくていい?』

友人A『え〜七咲ちゃんがいないと…他の日なら来てくれるんだよね😭?』

 

 

これは断れないフラグ…!!バカでもわかる断れないフラグ立ち!!!!!

私は、諦めて行くことにした。

 

 

数日後ようやく予定が決まった。

決戦は日曜日になった。まあ戦わないんですけど。その日はCSで超特急4時間SP.が放送されることになっていた。とはいえこのチャンネルに加入するのを迷っていたのだが、

当日シャワーを浴びている時、

 

「えっ、待って。私がよくわかんない男と酒を飲んでいる間に推しにかわいいことがあったらどうすんの!?耐えられなくない!?無理無理!!!!!」

 

そう思ったら加入をしていた。風呂場でCSに加入するオンナ。

 

 

無事に推しが見られるようになり、行く前から帰りたい気持ちで合コンに向かった。

 

私『だるいな、猫かぶろ。テキトーに笑って飲んで食べて帰ろ。このコースなら終わってすぐ帰ればまだ超特急見られるし、タピオカ買って帰っても余裕』とちょっとでもテンションを上げるために超特急とタピオカのことを考えた。

 

 

今回の合コン相手は、3人。

まあまあ高学歴社会人2人(チャラチャラ体育会系と薄めの武井壮)、まあまあ高学歴医大生が1人(顔がふっくらしたジャニーズWEST重岡くん似)だった。

一方、こちらは女子大生3人。私以外の2人は別学科の子でした。

 

合コンはめちゃくちゃ盛り上がることもなく、でも相手の頑張りは見え、こちらもこの場をなんとかしないといけないという雰囲気で進んだ。

 

もうね、「わ〜すごいんですね!」「えっ、かっこいいじゃないですか!」とか普段推しにしか言わないことを現実の男子に言う日が来るとは。普段から賛辞の言葉をめちゃくちゃ使ってて良かったなと今日ばかりは思った。

 

 

お会計前、女子だけお手洗いに集合し反省会。ここが1番合コンぽかった。

友人A「今日はごめんね〜!どうだった?いい感じの人いた?」

私「ねえな…ないない…」

友人A「えっ、でも薄めの武井壮とふっくらした重岡くん似は七咲ちゃん狙いっぽかったよ?」

私「あ?絶対ない…無理…」

ちょっとモテ期きたかとおもったけど、興味のない人にモテても…。無理だけど推しにモテたい…。

 

 

 

ふっくらした重岡くん似と友人Bは飲み直すらしい。「おー上手く行け」と思っていたのも束の間、なぜか友人Bに手を握られ「七咲ちゃんも行こ!」と連れて行かれた。なぜだ、納得いかない。

 

 

2軒目に着き、なんとなーくグダグダ話をしていたら、ふっくらした重岡くん似が

「ライブ行くのとか好きなんだっけ?誰?」

あー、聞かれると思った。

「あのー、アイドルなんですけどぉ…」

ふっくらした重岡くん似「嵐でしょ!」

すごいドヤ顔してた。なんでもかんでも嵐といえばいいと思うな!!!!!!

もう猫かぶるとかどうでも良くなっていた。

私「(写真を見せながら)あ、違います。超特急っていうグループなんですけど。スターダストに所属していまして、アッ私年末年始クリスマスもライブ行くんですよ〜!4公演も行けるんです!」

 

ここまできたら相手も引くと思った。

 

が、ふっくらした重岡くん似「現実見ないとダメだよ!どうせ、推しが〜」うんぬんかんぬってなんかすごい説教された。現実見た結果がこれだよ。この人のようにすぐ説教垂れる人がいるのだるすぎるよ現実。

しかも「20歳の子が彼氏が欲しくて〜っていうのと、30歳で彼氏が欲しくて〜っていうのは全然違うと思うんだよね」みたいなことまで言ってきてますます冷めた。年齢でしか人を見れないのか…

 

本当にもうどうしようもなく、とても耐えられなくて、話の途中で

「いや、推しと現実の男の好みが一緒だと思わないでくださいね!?!?」と言ってしまった。もう〜、どの口が言ってるんでしょうね!

 

 それでもこれを言った後も、まだまだふっくらした重岡くん似とドルオタの攻防は続いた。その途中、超特急がラゾーナ川崎でフリーライブをやるとのお知らせが来て「やったー!」と喜んでしまった。あの日のラゾーナ関係のツイートは、殆どふっくらした重岡くん似の説教を聞きながらしていた。

 

最終的に説教をまとめると「街コンに行け」だった。ふっくらした重岡くん似には「ライブ我慢してそういう出会いの場に行こうよ。声かけてくれる人たくさんいると思うよ?」と言われた。が、街コンに行くお金で現場に行こうと私は心に誓った。

 

 

帰りの電車、友人Bは「女の子と遊ぶ約束した方が楽しいんだよね」と、後輩の女の子から来たLINEを嬉しそうに返していた。

私も「推しの現場に行ったほうが楽しいな〜」と2人で悟りを開いた。

 

 

合コン世の中にいる男の人はこんなかんじなんですねと勉強になりました。それと、多少女子っぽい格好(ワンピースとか)をしていくだけでどんなに顔がブスでも「かわいいね」って褒めてもらえるので自尊心上げたい人にはオススメです。

 

 

まあ、でももう行かなくていいや…帰って録画した推しの出演している番組を見ることにしようと思います。それでは、また。

 

 

 

 

 

さよなら、東京。

 ずっと、ずっと、永遠に憧れだった。

煌めくネオン、静かになる賑やかな通り、田んぼや川なんて知らなさそうな若者たち。

 

 

東京はずっと私の憧れの街だ。今もなお、きっとおばあちゃんになっても、死ぬまでこの街に憧れ、恋い焦がれているのだと思う。

 

 

小さい頃から、きれいな景色に興味がなかった。旅行で見た穏やかで色彩豊かな景色より、家から少し遠くに見える東京タワーの光のほうが好きだった。

 

 

 

大きくなって、20歳を過ぎて、色々なところに行くようになった。行く用ができた。

年末の有楽町、明け方の年始の原宿、春の銀座、夏の渋谷、秋・冬の新宿、全部が鼓動を速くさせる。

 

 

23時を過ぎた渋谷をスーツで駆けた日、楽しくて楽しくて仕方がなかった。スクランブル交差点も、カップルかどうかもわからない男女が行き交うラブホ街も、これから賑やかになる明かりの眩しい通りも、地元には絶対いない愉快な人たちも、みんなみんな足りない何かを埋めてくれた。

 

 

できることなら、人もまばらになった時間、シャッターが閉まった通りを笑いながら、明日のことなんてどうでも良くなりながら、転げるように走り回りたい。

 

東京の夜に溶けてしまいたい。

 

早く、渋谷を、新宿を、永遠の一瞬を切り撮ってほしい。

 

東京の中心街に永遠をおいて生きたい。

 

 

でも、私は今日も憧れの街に背を向ける。

歩く速度だけ東京に染まりながら、何にもなれないまま東京に別れを告げる。

また明日、夢の中で、ネオンの中で会いましょう。

香水とデリカシー

 「男ウケしそうな香り…」

 これはどの男を指してるの?全男?奴は含まれる?

そういえばこの間、全人類モテの香りとかいうのをつけていったら「うわ、くっさ」とあいつに言われてしまった。

 

『もしかしてあいつは人類でもない…?』 

 

そう思いつつ、男ウケを謳う香水を手に取り、レジへと進む。

 

 

今度こそと思いつつ、この間手にした男ウケ香水を身につける。これでダメなら奴は、人でも男でもない。

 

 

「なあ、お前今日風呂入ってきた?」

 

 

それは、褒めてる?褒めてないな?

「それ臭いってこと?本当にデリカシーがないね。」

今のといい、「うわ、くっさ」といい、デリカシーがなさすぎる。「いい匂いだね」とかなんかこう女子っぽい言葉をかけられたいだけなのに。

 

 

「いや、違う!あの、この間の匂いより好き、だなって…恥ずかしい、やめやめ。この話はなし!」

 

 

 

ん?今、なんて言った?この間の匂いより好き?これは、これは私の求めてた答えじゃないの?8割位求めてた答えだよ!やった、これで友達から一歩進展した気がする。気だけ。多分、

 

 

「あと、あの、あれだ。そんな匂いさせなくても、お前は充分、いい、と思う。」

 

 

…………ん?まって!?これは、これは脈ありということだろうか、そう思っていいかな。

 

 

「えっと、まあ、そういうことだから。講義始まるし、またな。」

 

 

 神様、これは期待してもいいですか?

この講義が終わったら、今度の休みにデートの約束を取り付けよう。

 

推しの好きなとこを紙に書くと西野カナになる。

 

西野カナ、楽しいんですよ。

授業中や仕事中なんでもいいです。やる気やモチベーションが下がったときに、いらない紙やノートに1行推しの好きなところを書いてみてください。

 

もうその時点であなたは西野カナです。

 

西野カナになったらあとは推しの好きなところを書き出すだけ!簡単でしょ!

 

 

えっ?好きなところを書いたら悪口みたいになった?

 

 

大丈夫!!!!!!!!!!!!!(大声)

 

我らが西野カナもそれ本当に好きなの!?みたいなこと書いてる!!!!あっ、歌詞のリンク貼っとく!!!!!!

https://sp.uta-net.com/song/207074/

抜粋するけど、

"トマトが嫌いなところ"ってそれ好きなところでいいの!?って思ってたら、

"たまにバカなところ"って本当にそれ好きなの!?!?!?って思ってしまう!!

 

でも、好きな人だからこそそこすらすきなんだよね!!!!わかる!!!!

 

 

これやると気持ちが楽になるというか楽しくなってやる気が出てくるのでおすすめしたい。推しのこと考えるだけで元気になるからチョロい。

はーーーーーーみなさんも西野カナになって1日乗り切ってくださいね〜〜〜〜〜〜!!!!!!お疲れ様です!!!!!!!!

君のこと

私がこわいんじゃなくて、君がちょっと甘すぎるだけ

 

いつか絶対、君のことを、殴ってやろうと思いながら今日も夢を見た。いつかも絶対もないことを君が諭す

 

そんな君のこと、私は、好きになりたかった

 

静かな場所で静かにできないやつも、2人以上で集まりだしたら喋るの止まらないやつも、スマホ見ながら歩くあいつも

みんな、ゆるしてしまう君を、好きになりたかった

 

私は、永遠に君を憎みながら、感情を殺しながら、拳を握って、血を流す

 

大好き

 

その言葉が、そんなにかんたんじゃないことを知っている

知識としての、大好きと感情としての大好きが私を苦しめて、君を憎む

 

やっぱり今日も君を好きになりたかった

大好きと言いたかった

感情に流されて、いつか君に触れるとき、私は君を好きになれるかもしれない

君に大好きと言えるはず

 

いつだって、苦しめるのは君で、勝手に苦しくなるのは私だ

 

 

 

 

ドルオタ、太る。

太った。

身体がぶよぶよしている。心なしかお腹も出ている気がする。ヤバい。

 

原因はわかっている。

それは、2ヶ月現場がないこと。

 

5月からほぼほぼ毎月推しの現場があった。

なんなら客席降りしたり、ライブハウスだったり、距離が近い現場ばかり。入りたくなくとも視界に入ってしまうかもしれない。だらしない身体、だらしない見た目で推しの色のペンライトは振れない。そんな勝手な自意識で、私の身なりは保たれていた。

 

しかし、10月11月はなんの現場もない。

恐ろしいほど何もない。今までの怒涛の日々は何だったんだろう。そこでふと気が緩んだ。今まで食べてこなかったアイス、ミルクティー、枷が外れたかの様に甘いものを、砂糖を身体が欲しがるのだ。

あと、母がお菓子作りにハマった。家に帰ると、シナモンロールやドーナツ、パンケーキにフレンチトーストが待っている。なんだか食べないと申し訳ない気がして食べてしまう。美味しい。ループするように日々砂糖まみれになっていく。

 

そして、ふと年末年始に現場があることを思い出す。本当にヤバい。あと1ヶ月しかない。

なので、危機感を持つために現場用のワンピースを買った。

襟から袖にかけてレースで透けているワンピース。ずっと欲しかった形を見つけて、試着室に飛び込んだ。

 

「ゔっ…………………。」

 

入る。入りはする。ただ全身鏡に映ったときの見た目が悪すぎる、

胸はぶよぶよ、クビレも消えかけ、下腹がぽこっとしている。なんだこれは…。脂肪の塊とはこのことか…………………。

 

買ってきたワンピースを即部屋に飾り、

『これ以上太ったらこのワンピースは入らない。これより痩せなければこのワンピースは似合わない…』

もうここまで来ると呪いのようだ。

 

現場は、私ができる範囲で1番キレイにしていきたい。毎月その気持ちを持っていたのに、ふと現場がなくなるとこうなってしまう。意思が弱い。忙しいのを言い訳にして、体幹もキントレも毎日できていなかったし、白湯もサボり気味だった。振り返れば10月は恐ろしく怠惰な気がして、ひどく反省をした。もう1ヶ月前には戻れない。

 

なら、この1ヶ月、頑張るしかないのだ。

また、体幹とキントレ、白湯を再開してみた。Twitterで見たトレーニング方法はいいね後即実行である。

 

推しに見られる訳でもない。それに現場が無いせいにしたいわけじゃない。全部身勝手な自意識のせい。痩せよう。

でも、推しのいるグループがとんかつ屋さんとコラボキャンペーンをしているので、それだけ、それだけは食べに行こうと思う。これだけは許して…御慈悲を…。

 

ダイエットは明日からじゃ遅いこと、やっとわかったよ、私。

現場のことを考えながら今日もジャスミンティーで空腹を誤魔化すのであった。

 

 

 

 

 

 

オタクの定義

明け方のTwitterは優しい。誰も傷つけないから。誰とも干渉しあわないから。

 

 

ずっと考えていることがあって、私はクリエイティブなオタクにも、お金があるオタクにも、勢いのあるオタクにもなれない。その間に挟まれたり、親指をかんだり、握られて潰れそうになりながら生きている。

 

自分らしいペースでオタクをしたらいいなんて知ったことか。というかもうそんなのわかっていることで、余計なお世話だと思う。オタクたちが正義を振りかざし合うのにもなんだか嫌気が差す。

 

私は劣等感の塊だから何も認めることができないだけなのかもしれない。

 

オタクのやり方に正解なんてないんだろうけど、私はあなたのことを「素敵でしょ?」といろんな人に伝えられるオタクになりたかった。多分、そんなことはできないんだけど。

だから今が全てだと思いたくて、過去の話は読むのもやめた。もう戻れないし、もっともっと早く好きになりたかったと思うばかりだから。

 

承認されることがすべてのこの世界で、私は、私がオタクをしていい理由を探している。肯定されたいと思っている。

結局、アイドルを消費することは愛すことでも何でもなくて何かに縋り、肯定されたい、自分ができない何かを、間接的になし得たいからそれを偶像に託しているだけなのかもしれない。

 

私の好きは所在不明。薄くてくだらなくて拙い愛を、誰に委ねるのか。肯定されたいだけの好きならば、早く捨ててしまいたい。

 

それがわかる日まで、私は私の好きを歌うように綴りたい。