超楽しい地獄。

好きな人に選ばれないオタクがコスメ+αの話をしたり、好きな人の話をしたりします。

私はコピー

誰かが誰かになりたい。

 

そう思うことは悪いことなのだろうか。

 

最近、

「ミスiDに出てる女の子、黒宮れいのコピーみたいな子が多い、笑える」

のようなツイートを見かけた。

 

それは、悪いことなのか。

笑うことなのか、と思った。

 

その子になりたい。

その子みたいに発信したい。

 

その子みたいをとっかかりにして私を見て

 

という気持ちが滲んでいるのではないだろうか。

 

誰だって最初はコピーから始まる。

それはあなたも私も同じだ。

 

赤ちゃんが両親の話す言葉を真似するように、

私たちもなりたい誰かの真似から始めるのだ。

 

私は、プリキュアになりたかった。

正確に言えば、なぎさちゃんことキュアブラックになりたかった。

 

なぎさちゃんは、運動神経が良くて明るくて、でも恋になるとすごく乙女。キュアブラックになれば強くてかっこいい。

 

私は全然違うからすごく、憧れていた。

 

大森靖子さんにも憧れていた。

でも、ふたりのことコピーなんてできなかった。

 

彼女たちには、なれないと思った。

あまりにも自分と違いすぎて、

遠すぎて、

憧れすぎて、

真似なんてできなかった。

 

ただ、真似することなんて多分、いくらでもできる。

真似したあとが問題なんだ。

 

ちゃんと私にできるか、

コピーを私のものにできるか、

 

そこが大切なんだと思うのだ。

 

だから、真似することは悪いことじゃない。

笑われることじゃない。

 

だから、あなたのなりたいを映して。

私のなりたいもいつか映せるようにするから。